エステサロンの経営・集客・開業に最適な方法

エステサロンの経営・集客・開業方法。サロン集客アップ・リピーター増加に

エステサロンの集客アップ・客単価アップに

美容室・エステ・ネイル・ブライダル・リラクゼーションなどサロンのメニューはエステサロンの集客・経営に
近隣競合店と似ている場合も多いため、中々オリジナリティーを伝えにくく、
フェイシャル・ネイル・脱毛・まつ毛エクステなど既にお客様に認知されているメニューだけでは

などということはありませんか?

また、サロンを独立開業しようとすると既に近隣で何年も営業していて

リピーターを確保できている競合サロンが必ずある以上、
クーポンなどで価格勝負に出ても、はじめの一回は来店してもらえても中々固定客になりづらい・・・

という状況に陥るサロン経営者の方が多いのが現状です。

低資本で開業できる方法として個人サロン・自宅サロンで
エステサロン・リラクゼーションサロンなどを開業される方は多いです。

しかし、1年以内に閉店されるエステサロンは6割
3年以上営業を続けられるエステサロンは1割程度だと言われています。

集客でき、リピーターを確保して安定経営できるようになるためには

サロンのコンセプトがお客様に伝わってスタッフのサービスに満足してもらい、
ファンになっていただければもちろんそれに越したことはありません。

ところが、現実には長引く不況の中で広告費をかけて集客しても
はじめの一回だけの来店で中々固定客にはなりにくく、
近隣競合サロンでも似たメニューを提供していて価格競争になってしまうことも少なくありません。

など、細かい違い・分類はあっても似たメニューを近隣店舗で導入していて、
価格競争になってしまっている場合も多いです。

そんな中で近隣競合サロンと差をつけようとすると

などが挙げられますが、それらが簡単に出来るようなことであれば、
90%のサロンが3年以内に閉店するはずがありません。

何故90%のサロンが3年以内に閉店するのか・・・

それは近隣競合サロンと同じようなメニューを提供して
価格競争に出て集客しようとすればする程、
サロン経営的に利益がほとんど出ずに体力を消耗してしまうからというのが一因です。

(サロン側は差別化しようとしていても、お客様にはそれが中々伝わらず、残念ながらお客様側からは
「同じメニューであっちが安い、こっちが安い」としか認識されないままという場合も多いのが現状です。)

つまり、先ほどの5項目の内、

の3つはある程度は当然必要なものの、

近隣競合サロンと同じようなメニューだけで勝負している限り、
既にお客様の信用を勝ち得て3年以上営業しているサロンから
自サロンにお客様が流れてくるのは難しい
でしょう。

近隣競合サロンと同じようなメニューだけで勝負して 近隣競合サロンに勝ち、
3年以上安定経営出来る様になろうとするのであれば、価格勝負をせずに

という選択肢もあります。

広告をせず、口コミでお客様が増えて長年安定経営されているサロンなどは
それを成功させているわけですが、
この場合、 同じ価格・メニューでも近隣競合サロン以上の技術・サービスを提供することが必要になります。

これを行うには地域に密着して自サロンが定着していく必要があり、ある程度の期間を要します。
もしそれを今すぐ出来る方でしたら既に行って安定したサロン経営をされていることでしょう。

とすると、これからサロン開業される方や
これからサロンを大きくしていきたいという方の現実的な選択肢としては

というのが現実的なサロン経営、開業の方法だといえます。

お金をかけられるのであればいくらでも理想とするサロンを作れるでしょうし、
お金をかければ独自性を打ち出すこともできるかもしれません。

そういった方法は大資本・大手が取る戦略であって、
低資本でサロン開業し、経営していきたいという方が
はじめからそのような戦略を取ることは通常は難しいでしょう。

「すでに3年以上安定経営しているサロンが取る経営方法」と
「これからサロン開業する方、これからサロンを大きくしていこうとする方が取るべき経営方法」は違う
のです。

低資本でサロン開業したばかりの方が
既に優良顧客を多数獲得して安定経営しているサロンと
同じメニューで価格競争を強者に挑もうとするから
1年以内に6割ものサロンが閉店し、3年以内に9割ものサロンが閉店してしまうのです。

「開業したばかりの方・これから開業する方は
既に安定経営しているサロンの経営方法や集客方法を真似するのではなく、
安定経営している近隣競合サロンと大きく差別化する
ことを考える必要があります。

繰り返しますが、90%ものサロンが3年以内に経営が成り立たずに閉店してしまうのは
近隣で3年以上安定経営しているサロンと同じようなメニューで差別化しきれず
安定経営しているサロンが行っているのと同じ経営方法で価格競争をしてしまって
体力を消耗してしまうというのが一因です。

開業したばかりのサロンが
すでに安定経営しているサロンと同じ方法で経営しようとすると
そうなってしまいがちです。

同じメニューでの価格勝負では信用・体力に勝る大手サロンに勝ちようがありません。

既に近隣競合店が行っているメニュー・サービスを提供して価格勝負をするから
開業して 3年以内に9割のサロンが閉店してしまうのです。

これから開業する方、これからサロンを大きくしようとする方に必要な基本戦略は差別化戦略です。

では、

と言っても何をすればよいのでしょうか?

まず、 近隣競合店と同じメニュー・サービスで競争するのではなく、
近隣競合店が行っていないメニュー・サービスを取り入れることです。

似たようなメニューの中で価格や細かい違いで差別化しようとしても
多くの場合、お客様には中々伝わらないで弱い差別化にしかなりません。

そうではなく、近隣で他のサロンが行っていない、
他では受けられないメニュー・サービス
という強い差別化を行うのです。

そういうメニューを取り入れると広告を出す際にも集客の目玉となり、
他店ではやっていないため、お客様の方からインターネットなどで探して来店されることも出て来、
リピーターにもなりやすくなります。

また、地域内でオンリーワンであれば価格勝負にならないため、
適正な利益を取って営業することが出来、
価格勝負で集客するのと違って、経営面でのプラスが非常に大きくなります。

近隣競合店より先に新たに流行るメニューを取り入れて
その地域内で「○○ならあそこのサロン」という状態を作ってしまうことが出来れば
地域内でその分野での先駆者となるため、
後から競合店が真似をしてきても固定客を確保し続けることが出来ます。

それでは何のメニューを取り入れればよいのでしょうか?

これらのようなメニューは既に流行り、地域によっては過当競争となっており、
今から新たに取り入れるのはあまり得策とはいえないでしょう。

エステ・美容室・ネイル・ブライダルなどサロンの経営に関わらず、
どのような業種でも最も重要なことは

既に流行って競合他社も扱っているものを扱うのではなく、
これから流行りそうなもの・流行りかけているものを他よりも先に扱う
ということです。

流行ってしまってから参入しても大手には勝つことは中々出来ません。

エステ・美容室・ネイル・ブライダルなどサロンや美容業界だけに限らず、
一般的に流行・ブームというのは次のような曲線を経て流行ります。

エステサロンの経営にはこれから流行るメニューを取り入れることが必要

など流行ったメニューは導入期から取り入れていてたサロンブームと共に成長することが出来ました。

それに対して安定・衰退期に入ってしまうと地域内でもあちこちで導入店舗が増えて
価格がどんどん下がって過当競争になってしまう場合も少なくありません。

もちろん、「絶対に流行る」というものが予め分かれば誰もがそれを取り入れるわけですが、
現実には「絶対に100%流行る」ということは世の中に存在しないわけです。

現実にはこれから流行りそうなもの・流行る可能性が高そうなものの中で、
例え流行らなかったとしても リスクが低いものを選択することになります。

などの条件を満たすメニューを取り入れることで近隣競合サロンとの差別化を行うと、
目新しいメニューで集客をアップさせられるだけでなく、
価格競争にならずに客単価をアップでき、
リピーターを増やして安定経営出来る事に繋がります。

一番のポイントは「これから流行る可能性が高そうかどうか」というポイントですが、

1つの判断基準として「海外では歴史が長く、安定して需要があるもの、
または海外で最近流行っているもので、まだ日本で認知度が低いもの」

というのが「これから流行る可能性が高そうかどうか」 の基準の1つになります。

もちろん、海外で流行っているからと言って日本でも絶対に流行るとは言えませんが、
最近新たに出来たもので海外でも日本でも実績がなく、流行るかどうか全く分からないものよりは
海外で流行っている実績があるものの方が日本でも流行る可能性が高いとはいえるでしょう。

海外で既に流行っていて、日本でまだ認知度が低いメニューとは?

その1つはThreading (スレッディング)」という技術で、
もう1つは最近日本でもテレビや雑誌などで美魔女ブームに乗って小顔効果・リフトアップ効果など
美容効果の高さが話題になってきているかっさ」という技術です。

海外で流行っているThreading(スレッディング)

グーグルマップの主要都市で「threading」で検索すると、
Threading(スレッディング)をサロンメニューとして提供している各種サロンが多数あることが分かります。

ニューヨークでのスレッディングサロン

マンハッタン島を中心に多数のサロンがスレッディングをメニューとして提供しています。


大きな地図で見る

ロサンゼルスでのスレッディングサロン

ロサンゼルスでも多数のスレッディング提供サロンがあることが分かります。


大きな地図で見る

地図上の赤オレンジ色のマークがスレッディングをメニューとして提供しているサロンです。地図は左上の矢印をクリックすると拡大・縮小・移動することが出来ます。

スレッディングをサロンに導入する方法ニューヨーク、ロサンゼルスではこのように多数のスレッディング・サロンがあります。また、他の都市で「threading」で検索するとスレッディング・サロンが世界中にあることが分かります。

スレッディング専門店だけでなく、エステ・ブライダル・ネイル・美容室など様々なサロンでスレッディングがメニューに加えられています。

2013年5月現在、You Tube で「Threading 」で検索すると、15万件の世界中の糸除毛映像が出て来ます。様々な手法の糸除毛(Threading)が世界中で行われていることが分かります。

(You Tubeでの「Threading」で検索結果は2010年5月時点では4000 件、 2011年 9月時点では6000 件、2012年8月現在では13700件のでしたので、急速に増えていっています。2010年5月から2013年5月までの3年間で4千件から15万件へと40倍近く増えています。特に2012年8月から2013年5月までのこの9か月間でも11倍に増えています。 )

スレッディングとは?スレッディングの詳細はこちら

youtubeでthreadingを検索

スレッディングは元々中華圏の伝統美容法ですが、このように世界中に拡がっていっており、
欧米でもエステ・ブライダル・リラクゼーション・ネイル・美容室など
様々なサロンがスレッディングをメニューに加えています。

Google トレンドで「threading」で検索すると
様々な国で安定して長年検索され続けている=需要があることが分かります。
google トレンドで「threading」を調べた結果

このようにスレッディングは世界中で行われており、
美容効果の高さ、サロンメニューとしての需要の多さは各国で定着しています。

日本ではまだまだ認知度が低いものの、
徐々にスレッディングをメニューに加える各種サロンが増えていっています。

スレッディングは現時点では日本で競合が少なく、近隣サロンと差別化でき、
サロンの集客・客単価・リピート率をアップさせやすいメニュー
となり得ます。

グーグルマップの東京で「スレッディング」で検索してみた結果

ニューヨークやロサンゼルスでは多数のスレッディングをメニュー加えているサロンがありますが、
日本の主要都市で「スレッディング」「糸除毛」「糸で脱毛」などで検索してみると、
スレッディングを取り入れるサロンはここ数年で増えては来ているものの、
まだまだ数が少なく、競合がまだ少ないことが分かります。


大きな地図で見る

東京で「ネイル」や「まつげエクステ」など既に流行っているメニューで検索してみた結果と
「スレッディング」で検索した結果を比較すると競合の度合いが一目瞭然です。
(地図上でアルファベットがついている箇所だけでなく、オレンジ色の小さな丸も検索結果です)

東京で「ネイル」で検索した結果


大きな地図で見る

東京で「まつ毛エクステ」で検索すると


大きな地図で見る

先ほどの流行・ブームが起こる曲線で言うと、
スレッディングは日本で認知度がまださほど高くはないものの、
徐々にサロンが増えだし、流行りかけているというまさに導入期にあるサービス
だと言えます。
エステサロンの経営にはこれから流行るメニューを取り入れることが必要

導入期の段階のサービスをメニューに加えることは近隣店舗との差別化となって集客の目玉に使いやすく、
スレッディングは効果がすぐに分かるため、リピート率が高く、口コミも起こりやすいサービスです。
また、現時点で競合が少ないため、過当競争による価格下落にならず、客単価のアップにもつながります。

現時点ではスレッディングをメニューに加えているサロンは日本ではそれほど多くありませんので、
インターネットなどでお客様の方から探して来店されるケースも多々あります。

また、スレッディングは技術習得やメニューに導入するコストが低いのも大きなメリットです。

そのため、エステサロン・ネイルサロン・リラクゼーションサロン・ブライダルサロン・美容室など
各種サロン経営者の方が新メニューに導入されている
のはもちろん、
これから独立してサロン経営をされたいという方
個人で自宅サロン・出張サロンからはじめようとされる方々
スレッディング技術を習得しようと 学びだされています。

スレッディングとは?スレッディングの詳細はこちら

Threading (スレッディング)導入のメリット

日本でもThreading (スレッディング)は

など様々方が学び出されています。
Threading (スレッディング)はこれから開業する方にも、
すでにサロンやお店を経営されている方のオプションメニューとしてもとても魅力的なメニュー
となります。

スレッディングとは?スレッディングの詳細はこちら

エステサロンでのスレッディングとかっさの映像

マレーシアの大手エステチェーンで行われているスレッディングのイメージ映像です。
(実際の施術では手袋をするサロンが多いです)
スレッディングで産毛取りをした後、 小顔効果・リフトアップ効果が高い「かっさ」 を行っている映像です。

スレッディングは産毛取りで肌がツルツル になり、 余分な角質を取って毛穴の皮脂詰まりを解消するため、
他のフェイシャルメニューとセットにしやすく 、 様々なサロンでフェイシャルメニューと組み合わせて提供されています。

スレッディングでサロン集客アップ

日本でも各種メディアで取り上げだされている「かっさ」

かっさの美容効果かっさは中華圏伝統のかっさ板・れんげを使ったデトックスマッサージで、経絡のつまりを取ってリフトアップしたり、むくみを取って小顔になったりと美容目的・フェイシャルエステの一環としての美容かっさが日本でも流行り出しています。

中華圏はもちろん、欧米でもかっさサロンは多数あり、日本でも最近では「美魔女ブーム」でかっさの美容効果の高さがテレビや雑誌などで取り上げられる機会が増え、かっさをメニューに加える各種サロンが増えています。

You Tubeで「かっさ」で検索すると
テレビでかっさが取り上げられている映像が多数出て来ます。

また、アマゾンで「かっさ」で検索すると多数のかっさについての書籍や
かっさに使うかっさ板(かっさプレート)が出て来、
かっさの需要が日本でも高まってきていることが分かります。

かっさの美容法としての効果はこちら

世界中で行われている「かっさ」

かっさ(グアシャ・クワシャ)は英語では「guasha」と書きます。
グーグルマップで「guasha」で検索するとかっさが行われているサロンが世界中にあることが分かります。

ニューヨークでのかっさサロン

マンハッタン島を中心にかっさが行われている
サロンが多数あります。


大きな地図で見る

ロンドンでのかっさサロン

ロンドンの中心街をはじめ、
かっさサロンが多数あります


大きな地図で見る

地図上の赤オレンジ色のマークがかっさをメニューとして提供しているサロンです。地図は左上の矢印をクリックすると拡大・縮小・移動することが出来ます。

美魔女ブームでかっさがテレビなどで紹介される機会が増え、かっさに興味がある人が増えていると共に、
かっさをサロンメニューに加えるエステサロン・リラクゼーションサロン・治療院などが日本でもかなり増えています。グーグルマップの各都市で「かっさ」で検索するとかっさをメニューに加えているサロンがその地域でどの程度あるか分かります。

数年前までは「かっさ」という言葉を知らない人が大半だったのが、最近は「かっさ」を知っている人の割合が増えて来、話題になっている「かっさ」をしてみたいけど、地域によっては近くにかっさが出来るサロンがないという人も多く、インターネットでかっさを提供しているサロンを探して来店する人もいるという状況もあります。

東京で「かっさ」で検索した結果


大きな地図で見る

大阪で「かっさ」で検索した結果


大きな地図で見る

ここ数年でかっさをメニューに加えるサロンがかなり増えていますが、 東京・大阪でもまだまだ競合が少ないことが分かります。

Google トレンドで「かっさ」で検索した人気度の推移グラフです。

Google トレンドで「かっさ」で検索すると
「かっさ」というキーワードは2007年までは日本でほとんど検索されていなかったのが、
2008年半ばころから徐々に検索され始め、
2011年からは右肩上がりで急激にかっさの人気度が上がっている
ことが分かります。

近年、「美魔女ブーム」でテレビでかっさが取り上げられ、検索されるようになっていっている
= かっさが日本で認知されだしている
ことが分かります。

かっさの人気が高まり、需要が増えていることで、
かっさをサロンメニューに導入されるサロン経営者の方や、
かっさを学んで独立・開業しようとされる方が増えています。

You Tubeで「かっさ」で検索すると
テレビでかっさが取り上げられている映像が多数出て来ます。

また、アマゾンで「かっさ」で検索すると多数のかっさについての書籍や
かっさに使うかっさ板(かっさプレート)が出て来、
かっさの需要が日本でも高まってきていることが分かります。

先ほどの流行・ブームが起こる曲線で言うと、
かっさは日本で認知度がまださほど高くはないものの、
流行り始めているというまさに導入期にあるサービス
だと言えます。
エステサロンの経営にはこれから流行るメニューを取り入れることが必要

導入期の段階のサービスをメニューに加えることは近隣店舗との差別化となって集客の目玉に使いやすく、
かっさは効果がすぐに分かるため、リピート率が高く、口コミも起こりやすいサービスです。
また、現時点で競合が少ないため、過当競争による価格下落にならず、客単価のアップにもつながります。

現時点ではかっさをメニューに加えているサロンはそれほど多くありませんので、
インターネットなどでお客様の方から探して来店されるケースも多々あります。

かっさ・経絡1day講座ではかっさの本場台湾の講師から
かっさのやり方や方法、経絡について学ぶことが出来、
サロンメニューにかっさをくわえることが出来ます。

かっさを低コストでサロンメニューに導入する方法とは?

かっさのサロンメニュー導入メリット

かっさを低コストでサロンメニューに導入する方法とは?

かっさとは?

かっさでサロン集客・リピート率をアップさせる方法

スレッディングでサロン集客・客単価をアップする方法

サロン経営ナビ

サロン経営ナビ エステやネイル、リラクゼーションなどのサロンを開業して安定経営し、成功する方法。

サロンの集客方法、経営ノウハウなど、繁盛サロンを作りたいサロン経営者必見の情報サイトです。

サロン経営ナビ
サロン経営ナビ エステサロン、リラクゼーションサロンなどサロン経営者必見!
サロンに集客して成功する経営方法、独立開業の仕方

かっさ・経絡

ページトップへ